コンテンツへスキップ

10代などの若い女性にはあまりシミができている人は多くはありません。それだけにシミができた時にはいよいよ自分が年を取ったな、と実感をする時でもあります。そんなシミですが対策ををしっかりとしておけば予防ができます。

・シミ対策で重要なのはできる前の予防

シミは顔に一つあるだけでも老け顔を作る大きな要因になります。もともとシミの元になるメラニンは紫外線を受けて、皮膚細胞の核の中にある大事なDNAが壊されないように保護するために生成されるものです。

 
本来は紫外線を浴びないようにすれば、メラニンの生成は減りますが、DNAのエラーなどにより、メラニンがたくさん作られ続けたり、できたメラニンを排出する事が出来ずに蓄積されてしまうと、シミになって残ってしまいます。

 
通常はできてしまったシミを化粧品で解消するのは難しいとされています。大切な事はシミになる前の予防です。紫外線を受ける時間が多い人ほど、しっかりと紫外線予防をしておきましょう。

 
紫外線防止対策でできる事は、例えば日焼け止めを使う事やベースメイクでしっかりとガードする事です。外にいる機会が多い人は帽子や日傘を使うのもいいでしょう。

・美白化粧品を予防のために使う

日焼けをする事で起こるメラニン生成を抑制して、シミやそばかすを防ぐ事が美白化粧品の目的でもあります。日焼けしたから使うとか、シミができたから使用する、という事ではなくて、日焼けをする前やシミができる前に利用する事で効果を発揮するのが美白化粧品です。

 
ですからシミや日焼けが心配なら、年間を通じて基礎化粧品を美白のラインで揃えたり、美白美容液をプラスしたりする事が望ましいです。できてしまってからシミを失くすのは大変です。

 
それならできないように予防する方が時間もかかりません。しかも白い肌を保てる可能性が高いのです。予防のために美白化粧品を使う事は大事ですが、それと並行して紫外線対策もしっかりとしておきましょう。

・美白成分について知ろう

美白成分というのはメラニン生成のメカニズムに作用して、メラニンの産生を抑えて排出を促進する成分の事です。そのメカニズムのどの段階で作用するのかは成分により違います。

 
また美白成分には厚生労働省が認めた医薬部外品の成分と、それ外の美白効果のある成分とがあります。普通は医薬部外品の方が効果は高いとされています。シミができるといよいよ自分も年老いてきたな、と感じるようになります。

 
そうならないようにシミを作らないための予防が大事です。できてしまってからなんとかするよりも作らないように予防する方が簡単なのです。